dcsimg

アキヒト属 ( Japanese )

provided by wikipedia 日本語
アキヒト属 分類 ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota : 動物界 Animalia : 脊索動物門 Chordata 階級なし : 有頭動物 Craniata 亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata 階級なし : Euteleostomi : 条鰭綱 Actinopterygii 亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii : 真骨区 Teleostei 上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii : スズキ目 Perciformes 亜目 : ハゼ亜目 Gobioidei : ハゼ科 Gobiidae 亜科 : ウズハゼ亜科 Sicydiinae : アキヒト属 Akihito[1] 学名 Akihito
Watson, Keith & Marquet, 2007[2][3] タイプ種 アキヒト・バヌアツ
Akihito vanuatu[2][3]

アキヒト属 (Akihito) とは、スズキ目ハゼ科に属する魚類の1[1]

概要[編集]

アキヒト属は、2007年に Ronald E. Watson 、Philippe Keith 、Gérard Marquet によって記載されたアキヒト・バヌアツ (A. vanuatu) が最初の発見であり、同属のタイプ種になっている[2][3]。Watson ら3人は2008年にも同属の新種、アキヒト・フツナ (A. futuna) を発見している[4][5]

アキヒト属の学名は、ハゼの研究者としても知られている日本の、今上天皇に対する献名である[3]。今上天皇の御名「明仁」を頂いて学名となったのは1992年プラティゴビオプシス・アキヒト (Platygobiopsis akihito) [6]、および2005年エクシリアス・アキヒト英語版 (Exyrias akihito) [7]に次いで3例目であり、種小名ではなく属名につけられたのは初めて。

生態[編集]

アキヒト属のハゼは、体長が最大でも6.0cmの小さなハゼである。普段は淡水生で、アキヒト・バヌアツはバヌアツ、アキヒト・フツナはウォリス・フツナにある川に生息しており、繁殖の時のみ海に移動する。採集した個体を解剖した結果、昆虫や甲殻類を食べていると考えられている。アキヒト・フツナは個体数が少なく、絶滅が心配されている[2][3][4][5]

一覧[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

 src= ウィキスピーシーズにアキヒト属に関する情報があります。
 title=
license
cc-by-sa-3.0
copyright
ウィキペディアの著者と編集者
original
visit source
partner site
wikipedia 日本語

アキヒト属: Brief Summary ( Japanese )

provided by wikipedia 日本語

アキヒト属 (Akihito) とは、スズキ目ハゼ科に属する魚類の1

license
cc-by-sa-3.0
copyright
ウィキペディアの著者と編集者
original
visit source
partner site
wikipedia 日本語